行楽弁当に、意外に欠かせないモノ

春や秋といった外で過ごすのがとても気持ちのいい季節、家族や友人と自然の中へ出掛ける機会も多いですよね。
そんなとき、あると嬉しいのが行楽弁当。気の合った仲間や家族と、青空の下で風を感じながら食べる行楽弁当は、格別です!


さて、行楽弁当と言えば、基本的には季節の食材を取り入れ、春には春らしい、秋には秋らしい行楽弁当を作りますよね。
行楽弁当を作る際、季節感を重視する人は多いですが、意外と忘れがちで、意外に欠かせないものが、行楽弁当にはあります。


それは、なんとデザート!どうでもいい感じがしますけど、このデザートがあるのとないのとでは、行楽弁当の楽しみがちょっと変わるのです。
大袈裟なようですが、美味しい行楽弁当を食べた最後の締め=デザートがあると、まとまりのいい感じになるんですよ。


例えば、春の行楽弁当には桜餅、秋の行楽弁当には大学いもやスイートポテト。
本当にちょっとした甘いものがあるだけで、全然違ってきます。
実際、ハイキングやピクニックでの行楽弁当だと、多少歩いて疲れてたりするので、甘いものがちょっぴり欲しかったりもするんですよね。


また、行楽弁当のデザートとしていいのは、その季節のフルーツですね。
旬なのでもちろん美味しいですし、食後の口直しにもなります。
行楽弁当を作る側としても、フルーツなら切るだけでいいので、楽ですし(笑)。


行楽弁当にはちょっとしたデザートを。
今まで用意してなかったのなら、是非次は行楽弁当にデザートを付けてみてください。きっと、みんなから好評だと思いますよ♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。