行楽弁当の作り方で大切なこと

春や秋といった外へのお出かけが気持ちいい季節には、行楽弁当があるとなお楽しい一日を過ごすことが出来ますよね。
でも普段のお弁当と違って行楽弁当となると、ちょっと大変そうな気がします。
行楽弁当の作り方で、心がけたいことって何でしょう?


行楽弁当ですから、まずはその季節らしいお弁当にしたいですよね。
春には春らしい行楽弁当、秋には秋らしい行楽弁当といった感じで。
季節感を出すのに欠かせないのは、その季節に旬の食材を取り入れること。
これだけでも、ぐっと春らしい、また、秋らしい行楽弁当になるんですよ。


ちなみに行楽弁当のレシピ、これは本もたくさん出ていますし、ネットでも検索するとたくさんヒットします。
こういったものを参考にして、季節の食材をふんだんに使った季節ならではの行楽弁当を作ることが出来ると思います。


行楽弁当の作り方で、ちょっと気を使うといいのが、行楽弁当の詰め方ですね。
普通のお弁当箱ではなく重箱などを使うことが多いと思うのですが、飾りつけにちょっとした季節のもの…例えば花びらや紅葉の葉など、を入れるだけでも全然違ってきます。


同じく、行楽弁当全体の彩りも大事です。
春の行楽弁当であれば、春らしい鮮やかな黄色や緑の色合い、秋の行楽弁当であれば、ちょっと落ち着いた感じの茶系の色合い。
季節の食材を用いることで、これらは簡単にクリアすることが出来るとは思います。


行楽弁当、あれば絶対に楽しさは増しますよね。
手作りの行楽弁当であれば、尚更です。あまり難しく考えず、気軽に行楽弁当作りにチャンレンジしてみてはどうでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。